読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腸内環境の乱れが愛犬の不調の原因に!腸内環境の改善策は?

愛犬の健康の鍵を握るのは腸内環境です。腸内環境の乱れはアレルギーや下痢などさまざまな不調を来します。愛犬がいつまでも健康でいられるように、飼い主として出来ることは何?日常生活でも出来る腸内環境の改善策を実体験を交えながら情報発信していきます。

愛犬の腸内環境のためのフード見直しで重要ポイントは!

腸内環境フード

腸内環境のためのフード見直しのポイント!

 

愛犬のお腹の調子は良いですか?

 

ウンチの状態は良いですか?

 

 

愛犬の腸内環境のことを考えたことがありますか?

 

 

 

私たち人間にとって腸内環境の管理が健康に繋がる

と言うことは、もはや常識となっていますよね。

犬も人間同様、腸内環境と健康は密接な関係にあり、

腸内環境が整っていれば、1、5倍長生きすると

言われています。

 

 

それだけに、愛犬の腸内環境の管理にはしっかり

気を配ってあげたいですね。

 

 

 

~ 腸内環境を良くする方法 ~

 

★ドッグフード(食生活)の見直し

★ストレスをためない

★食べすぎ飲みすぎをしない

 

 

 

 

    f:id:pome-r:20170227213845j:plain

 

 

 

 

ドッグフード(食生活)の注意点

 

◎さまざまな食べ物に含まれている食品添加物

 この食品添加物は腸内の悪玉菌を増やしてしまい、

 愛犬の腸内環境を悪化させる大きな原因となります。

  

 

◎愛犬の腸内環境を整えるには乳酸菌などの善玉菌と、

 善玉菌を増殖させる働きをする酵素が必要です。

 しかし、これらは熱に大変弱いんです。

 ドッグフードは加熱して作られるため、乳酸菌も

 酵素も失われてしまいます。

 ドッグフードだけを食べていると乳酸菌も酵素も不足

 してしまい腸内環境を整えることができず、愛犬の

 腸内環境を悪化させる大きな原因となります。

 その他の面で腸内環境を悪化させないように努力を

 しても、乳酸菌と酵素が不足していては改善することは

 できません。

 

 

 ドッグフード見直しの重要ポイント!

 

 1、ドッグフードを選ぶときは食品添加物の含まれて

  いないものを選びましょう!

 

 2、腸内環境を悪化させない努力と、乳酸菌と酵素

  補う必要があるということを知っておきましょう!

  サプリメントで補う方法だと手軽にできて良いですね。

 

 

添加物が含まれていない、おススメのドッグフード

*NDFナチュラルドッグフード

*カナガンドッグフード

*モグワンドッグフード

どれも評判の良い無添加のドッグフードですね。

 

乳酸菌と酵素が補えるサプリメント

*ずっと一緒だワン

*aikona~あいこな~

どちらも、生きたまま腸まで届く乳酸菌と酵素を配合。

エサに振りかけるタイプのサプリメントです。

 

 

腸内環境を整えようと考え、ドッグフード(食生活)を

見直すときに、この二つは絶対におさえておきたい

ポイントですね!

 

 

 

どうぞ参考にしてみてくださいね。

 

 

愛犬の腸内環境を整えて、いつまでも元気で過ごせますように。