読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腸内環境の乱れが愛犬の不調の原因に!腸内環境の改善策は?

愛犬の健康の鍵を握るのは腸内環境です。腸内環境の乱れはアレルギーや下痢などさまざまな不調を来します。愛犬がいつまでも健康でいられるように、飼い主として出来ることは何?日常生活でも出来る腸内環境の改善策を実体験を交えながら情報発信していきます。

愛犬の腸内環境の乱れは健康トラブルの元!改善する方法は?

愛犬の腸内環境の乱れを改善するには?

 

愛犬のお腹は元気ですか?

 

愛犬のウンチの状態は良いですか?

 

 

実は、愛犬の腸内環境と健康は密接な関係にあるんですよね。

 

 

 

腸内には、健康維持や老化防止などに影響がある「善玉菌」

からだに悪さをすると言われている「悪玉菌」

多く存在する菌の味方になる日和見菌」

という菌が存在しています。

 

 

善玉菌が多く存在している状態が健康に繋がり、

腸内環境が良いといわれます。

 

 

逆に、悪玉菌が多くなると腸内環境が悪いと言われ、

下痢、便秘、アレルギー、皮膚疾患、肥満…など

いろいろな症状を引き起こしやすくなります。

 

 

 

もしも愛犬にこのような症状がみられたら、腸内環境が

乱れているのかもしれませんね。

 

 

「腸内環境が乱れているかも?」と思ったら

何とかしたいですよね!?

 

 

「家庭で愛犬の腸内環境の乱れを改善する方法はないのか?」

を調べてみました。

 

 

 

     f:id:pome-r:20170224212703j:plain

 

 

 

”愛犬のための腸内環境改善ポイント!”

 

*食生活の見直し

◎多くのドッグフードには添加物が含まれています。

 この添加物は腸内の善玉菌を減らし、悪玉菌を増やす原因

 となっています。

 添加物は腸を疲れさせるとも言われています。

 毎日食べるドッグフードは添加物が含まれていないものを

 選んであげてくださいね。

 

◎腸内はとてもデリケートなので、飲みすぎ食べすぎも腸内環境を

 悪くし下痢などを引き起こすので気をつけてあげましょう。

 

*犬のストレスを減らす

◎一人でお留守番をしてる時間が長い、運動不足、遊びが足りていない、

 飼い主さんとのコミュニケーションがうまくできていないなど。

 一見お腹の健康とは関係なさそうですが、愛犬がストレスを抱える

 ことは腸内環境のバランスを崩す原因のひとつになると言われています。

 

◎飼い主さんのストレスや疲労が愛犬に伝わり、愛犬が体調を崩して

 しまうこともあるので、愛犬のストレスケアと同時に飼い主さんの

 ストレスケアにも心がけてくださいね。

 

*腸内環境を整えてくれる食材をとる

◎納豆・ヨーグルトなどの発酵食品、野菜・海藻・きのこなどの

 食物繊維が腸内を掃除してくれたり、善玉菌を増やしてくれます。

◎お腹の調子を整えてくれるサプリメント

 

 

 

 

以上が愛犬の腸内環境改善ポイントです!

 

 

私だったら先ず「食生活の見直し」で改善を

図りますね。

 

”身体は食べ物で作られる”

食事は生きていく上で一番大切なことなので

最初に取り組みたいですね。

 

 

愛犬がいつまでも健康で長生きするために

腸内環境を整えることは忘れてはいけない

大切なポイントですね。